So-net無料ブログ作成
検索選択

懐かしの [ふ~このひとり言]

岩保木水門。ちょっぴり懐かしい響き?
シーズン中には数えきれないくらい足を運んでいますが、冬の間は閉ざされた場所。
水門への道の雪解けもすすみ、なんとか普通車でも入って行けるようになりました。

いましたよ~! タンチョウ達。ひと所で何やら下ばかり向いているので、巣をこしらえている???
aDSC05056.jpgaDSC05066.jpg だったらいいですね~!
場所的にちょうど水門の高台から肉眼でも見える位置なので、あの位置に巣をつくってくれたら抱卵している様子が良く分かるのですが... 。少し足を運んで観察してみたいと思います。

広い広い湿原です。 
タンチョウ達の横へとカメラを向ければ... これまた、どっさりいました、エゾシカ達!
aDSC05075.jpg aDSC05072.jpg うわ~ たくさんいるっ! とズームしたら、立ってるシカだけではなく、座ってるシカも山ほどいました(苦笑)。雪がなくなって、やっと草が食べれるようになって、目下懸命に食べている模様です。特別保護地区。シカ達にとってもサンクチュアリ(聖域) 。立ち入り禁止という訳には行きませんし。ただシカは一日に2~5キロの草を食べてしまうのだと聞くと、植生も生態系も変わっていってしまうのは否めないのかも知れません。
この冬はシカの動向調査の為、首にGPSを付けた個体を二本松付近で何頭も見かけました。チャンピオンベルトのような首輪をぶら下げ痛々しげに思える様相でしたが、彼らの頑張りがデータとして残り、増加の一途をくい止める糸口となれば..と思います。彼らも移動し始めているのかな...。
nice!(0)  コメント(0) 

2015年冬の思い出 [ふ~このひとり言]

連日のプラスの気温に、川岸の氷もすくなくなり...
マシュリバハウス裏に流れる元祖 釧路川も水鳥たちのオアシスに!
aDSC05047.jpg 目がキラキラのコガモご夫婦。グァ~と一言。
すみません、また遊びすぎました(苦笑)

デスクワークの合間に残った氷投げ。
aDSC05090.jpgIMG_1237.jpgスコップいっぱいに乗せたらば、カヌーこそ持ち上げる凄腕の私でも上腕二頭筋がプルプル、プルプルしてしまい...。
これだけ重たいのだから木も折れるわけだなぁ~ 
この冬は水分を含んだ雪が木の枝や幹に残り、融ける前に冷やされて重たい氷となり、その重みと強い風が重なって沢山の木が折れてしまいました。バリバリという音が聞こえて来そうなくらい豪快に折れた、木々の痛々しい様。あの木々を見るたびに2015年の冬を思い出す事と思います。木はその大きさになるまでの年月がしのばれて、折れてしまったり伐採された姿を見るとため息ばかりが出てしまいます。
nice!(0)  コメント(0) 

2015-03-28 [ふ~このひとり言]

IMG_1230.JPG
みなさま、今日の夕日はどうですか?
釧路でも穏やかな時間が流れています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

フリースなんか着てられない? [ふ~このひとり言]

お日様が出て風もなく気温も10℃近い??? となれば、フリースなんか着てられないっ!
IMG_1208.JPG 気温も上がり駐車場の雪もだいぶ融けましたが、日の当たらない所の氷は割らないと...。 氷割りにはやっぱりツルハシ。結構重たいツルハシを一振り、二振り、三振り...も~う長袖なんか着てられないっ! 氷に半袖。今年初の半袖となりました。

駐車場にプチ釧路川が出来ましたよ。
雪は融けても地面の中がまだ落ち着いていないので、地表はボコボコ。あちこちに水たまり。となりますれば、水路をつくって流せば良い!!!
IMG_1219.JPGIMG_1221.JPG 時々氾濫しながらも蛇行した川筋へ水が流れて行ってます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

つい長居してしまいます。 [ふ~このひとり言]

IMG_1178.JPGさすがに人気者。春休みという事もあり子供たちの歓声が響き渡っていました。

aDSC04980.jpgaDSC04985.jpgaDSC04986.jpgaDSC04992.jpgaDSC05003.jpg
ミルクちゃんの人気ぶりをニュースで見聞きしていたので、ふだんのしぐさでも何だかアピールしているように見えてしまう。でも、ミルクちゃんの目力、「いい? 見ててよ~! 今からやるわよ~!」とギャラリーを見つめてタメルタメル。ミルクちゃんフィーバー、まだまだ続きそうですね。

動物園のイイ事。動物がジーッとしてくれてる事。フィールドでは、特に鳥類はジーッとしている訳がない。だから、こうして顔がよ~く見えるのが非常に興味深いので... ついつい長居してしまいます。
aDSC05008.jpgaDSC05009.jpgaDSC05013.jpgaDSC05026.jpgaDSC05034.jpg
ハヤブサ。ノスリの目、いやぁ~カワイイ。かなりイケメンのオオタカ。見ないでよ~と... 餌を丸呑みしていたシマフクロウ。そしてトトロ発見?!?!

じっくり動物と触れあえる釧路市動物園。動物好きの方はもちろんの事、近くに山花温泉リフレもありますので、釧路に何泊かされる方はぜひ足を延ばして頂けたらと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

超人気者 [ふ~このひとり言]

みなさん、ご存知でしょうか? 最近大変有名なの釧路市動物園のミルクちゃんです。

どうして有名か?というと、そのしぐさが人みたい?
誰か中に入ってるのでは?と思ってしまうくらい、人間くさい?動きをするので
今、市民のちょっと気になる存在となっております。
IMG_1163.jpg 超人気者なんですよ!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

湿原おさんぽ、いいですね~ [ふ~このひとり言]

日の出も随分と早くなりました。
明るくなると寝てられない....。 いいんだか、悪いんだか...(苦笑)
と、いう訳で、今朝は早起き。 ぶら~っと湿原、おさんぽです。

まだ7時過ぎたばかりというのに、お日様サンサン。これだけ日が高ければ湿原の動物達も活動しているだろうと車を進めると... 
aDSC04915.jpgaDSC04917.jpgaDSC04929.jpg猛禽類、釧路川で獲物を狙う?!?!
オジロワシ成鳥にオオワシ&オジロワシの幼鳥達。てっぺんが折れて座りやすそうな木にはオジロワシの幼鳥が陣取り。北へ旅立つ若鳥たちか??? 湿原に残る若人達か??? きっとみな旅立つんだろうな...。

aDSC04946.jpgaDSC04944.jpgaDSC04938.jpg オスジカ発見。
枝と角が重なって雄? 雌? やっぱりオスかぁ~と見つめていたら、視線、感じましたか?
木の皮をこんなにキレイに食べちゃって困りましたね..と思うけれど、彼らのガリガリの姿をみると「冬ももう少しだから、頑張って!」とささやきたくなる心境。

あっいたいた! タンチョウの子供達2羽。またまた兄弟かな?と思ったら、
aDSC04969.jpgaDSC04972.jpg 横にももう一羽、若者が!
”一人よりみんなでいた方が楽しいもんね~” 子別れした幼鳥達が生活をともにし、やがて本当の独り立ちへ。頑張れ、若人達よ!と応援して...朝のお散歩終了しました。

日陰の部分など、冷え込みの厳しい朝はまだ若干路面状況がよろしくない事もありますが、散策しながらゆっくり回れば、朝の湿原、充実した時間が過ごせると思います。レンタカーを借りていらっしゃるお客様はぜひ足を運んでみて下さい。
車はないし...。レンタカ-はあるけれどどこを見たらよいかわからない...。というお客様は、0154-23-7116 釧路マーシュ&リバーへ ご一報くださ~い。朝のおさんぽ、ご案内しま~す。
nice!(0)  コメント(0) 

寒すぎるから脱出?!? [ふ~このひとり言]

ときおり黒い雪雲が上空をかすめ、ハラハラと雪が舞う中で..
aDSC04853.jpg ちょっと乙な、ツーリングとなりました。

aDSC04861.jpg シャキシャキっサウンド、戻って来ました。

久々に見つけた『霜柱』。
地中の水分が這い上がって出来る霜柱は、もちろん雪が積もっていては目にする事もありませんが、土がガジガジに凍ってしまう極寒の頃には見かける事はありません。冬の季語ではあるけれど、 寒すぎると出来ない霜柱。

外気はまだまだマイナスですが、
雪解けもすすみ、
地中の水分が凍らないくらいに地面もじわじわ温まって来た! そうな~

nice!(0)  コメント(0) 

みな独り立ちして [ふ~このひとり言]

aDSC02304.jpg川面が鏡のよう。時間が止まる、今日の釧路川でした。

給仕場で、飛んで来た2羽。去年生まれた幼鳥2羽でした。
aSC04846.jpg 今まではツガイの側には子供達が付かず離れず一緒にいたし、給仕場へやって来る時にも子供を従えて飛んで来たのに、どうも様子が変。
季節がら『子別れ』の儀式がすでに終わった個体が多いようで、親は親。子供は子供。別々に生活をし始めている様子です。

昨日も茅沼駅で快速しれとこを待っていると、タンチョウのツガイがホームに! こんな間近で観察出来るとは...。お客様がいらっしゃる前にスコープのぞいて見入っていました。するとそこへ、遠くから幼鳥が一羽飛んできて、線路を挟んだ反対側に着地。じ~っとツガイ達を見ています。
aDSC08358.jpg aDSC08360.jpg

aDSC08359.jpgaDSC08362.jpgaDSC08371.jpgaDSC08375.jpg

ホーム越しにたたずむ成鳥に、一歩、また一歩。少しずつ近づこうとしていたのに、お互いの間には決められた境界線があるのか、それ以上距離が縮まる事はありませんでした。
じ~っと見つめ続ける幼鳥。クルクルと小さな声を出し微動だにしない成鳥。
「しっかり、生きていきなさい」と目で合図をしているような。
親ってわかるのかな??? わかってるんだろうな...。
鳥も人も巣立ちの季節。新しい世界に向けて、独り立ち、頑張って欲しいものです。

nice!(0)  コメント(0) 

もう、ジリなの? [ふ~このひとり言]

春っぽいニオイのする朝。
曇りの予報でしたが、空気中に水分たっぷり。霧雨? みぞれ?  もしかして...ジリ???

aDSC08335.jpg 

aDSC08349.jpg カヌー終わったのにまだドライススーツだし。
カヌーをあげ、脱ぐもの脱がず、片付けもあと。
急げ!急げ!と二本松へ。
ドライススーツを着たまま、二本松への坂道。女性群はそうでもなかったけれど、キツカッタのはオレンジドライのガイドさん? 
釧網線の乗り継ぎでツアー後半急ぎ足でしたが、残りわずかな湿原の雪景色を見て頂けました。
次回は緑の湿原を! また見にいらして下さい。
nice!(0)  コメント(0)