So-net無料ブログ作成
検索選択

釧路川カヌーミーティング、感謝DAYです。 [ふ~このひとり言]

先日はカキフライの事がどうしても書きたくて
肝心の話を端折ってしまいましたが

釧路湿原が国立公園に指定されてから、今年で30年目を迎えます。
釧路川カヌーネットワークを中心に、釧路湿原への感謝を込めて、釧路川の清掃をカヌーで行うイベント『釧路湿原国立公園指定30周年記念 釧路川カヌーミーティング』を6月18日(日)に開催いたします。

そして昨日は、当日参加出来ない会員もいることから、本番に先駆けゴミ拾いを実施。
広い広い湿原のこと、釧路川の湿原域を総勢13名で手分けして行いました。
aDSC_4767.jpgaDSC09723.jpg

昨年の台風で湿原が大海原になったのを覚えていらっしゃいますか?
流れ流され目を疑う?大物を収穫???
aDSC09737.jpg
aDSC02022.jpgIMG_3271.JPG
大まかな物はだいぶ撤去出来ましたが、仕上げは6月18日。
我らが釧路川。日頃からの感謝を胸に、ヒバサミ持って出動します(笑)。

そして今回のイベントのもう一つの目的は「カヌーからノロッコ列車を歓迎しよう!!!」

釧路湿原に来てくれてありがとう!
ノロッコ列車に乗ってくれてありがとう!
釧網線いつもありがとう、これからもヨロシク! という気持ちを込めて、ノロッコ号へカヌーから手を振る予定です。

ご存知の方も多いかと思いますが、釧網線が廃線候補にあがっており存続が危ぶまれています。「あのノロッコ列車がなくなる?!?!」「SLの雄姿がもう見られない?!?!」

釧路から阿寒国立公園「摩周湖」・世界自然遺産「知床」方面へ向かう旅行客の足としてなくてはならない釧網線。存続へ向けて何かと言っても、一個人では何をどうしたら良いのか手も足も出ない私達へ、「廃線なんて事があってはいけない」と地元民以上に真剣に釧網線存続への切り札を考えて下さっているマシュリバリピーターさんが北九州にいらっしゃいます。車両改造は? 車窓からの観光&撮影停車・地元の料理をふるまう等で観光列車を走らせる。首都圏からの飛行機、札幌からの特急へ接続を取ったダイヤの見直し。沿線住民の観光列車の見送り。アイディアがいっぱいの手書きのダイヤグラム(ダイヤグラムって初めてみました)の数々。本当にありがたいことだと思っています。

18日は釧路湿原へ感謝。ノロッコ・釧網線にも感謝。そしてUさんにも感謝の日です。
まずは出来る事、やってみます。18日はノロッコへ、大~きく手を振ります。
大々的なニースになれば、様子、ご覧頂けるかも?しれませんね。
北東方向めがけて、Uさん、引き続き応援お願いします!

という訳で、来たる6月18日(日)カヌーを自操出来る方、ノロッコ2号にご乗車予定のお客様。
イベント成功へ向けて、みなさんの力を貸して下さい。どうぞ宜しくお願い致します。
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント